クレジットカードで公共料金を払おう!

NAVI

Yahoo!公金支払い

Yahoo公金払い

ヤフー公金払いとは?

「Yahoo!公金支払い」のサービスをご存知でしょうか?

このサービスは、税金や各種料金を、Yahoo! JAPANのウェブサイト上で支払うことのできるサービスです。

自分の住んでいる地域の税金や水道料金、施設使用料などが「Yahoo公金払い」を使うと、クレジットカードやTポイントで支払うことが可能になります。
Yahoo!公金支払いサイト

ヤフー公金払い3つのメリット

1.クレジットカードで税金が払える

多くの場合、税金は現金や振込などで支払っていると思います。
しかしこの「Yahoo!公金支払い」を使うと、税金や健康保険、介護保険などをクレジットカードを使って支払うことができます。

税金は必ず支払わなくてはいけませんが、忙しくてなかなか支払いに行く時間がない、などという方にはとても便利です。

自宅のパソコンから手続きすることができますので、忙しい方でも便利に使うことができます。

2.ポイントが付く

クレジットカードで支払いますので、支払った際にポイントが付きます。
今やポイントは現金と同じような価値を持ちますから、実質的に税金の値引きを受けているようなものですね。

高ポイント還元率のカード、例えば還元率1%のものを使えば、1%の値引きを受けている、ということになります。

ただし、これには落とし穴があります。
後ほどデメリットの箇所で説明しますので、そちらもご確認ください。

3.Tポイントで支払うことができる

もしかすると、これが最大のメリットになるかもしれません。

「Yahoo!公金支払い」から税金などを払う際に、Tポイントで支払うこともできるのです。

例えば、普段からTポイントの貯まるクレジットカードを使っていれば、その貯まったTポイントで税金を支払うことができるわけです。

ヤフー公金払いのデリット・注意点

メリットがあれば、必ずデメリットもあります。
意外な落とし穴もありますので、こちらもご確認ください。

1.手数料がかかる

実は「Yahoo!公金支払い」から税金などを支払う際に、支払い1件毎に手数料がかかってきます。

先ほどメリットの部分で、「クレジットカードのポイントが付くので値引きを受けているようなもの」とご説明しましたが、そううまくは行かないわけです。

ヤフー公金払い

手数料は支払うものによって違ってきますが、例えば自動車税などは1件に付き315円(税込み)がかかってきます。

クレジットカード払いで付くポイントと手数料を比べ、「Yahoo!公金支払い」を使うほうが得かを検討する必要があります。(損になるケースが多いかもしれませんね。)

2.領収書や納税証明書がでない

こちらもよくトラブルになるケースです。

「Yahoo!公金支払い」を使い、クレジットカードで払う場合、領収書や納付書、納税証明書などは発行されません。

これらに関しては、各地方公共団体から発行される場合もありますが、領収書などが発行されないケースもあります。

また地方公共団体から発行される場合でも、自分で窓口で申請しに行く必要があったり、発行手数料がかかる場合もあります。

領収書や納税証明書などが必要な場合は、「Yahoo!公金支払い」は利用しないほうがよいと思います。

【トラブル例】自動車税の場合

車検を受ける際、自動車税を納めていないと手続きができません。

現在、納税の情報はシステムにより確認をとりますが、Yahoo!公金支払いを利用した場合、その納税情報に反映されるまでに時間がかかります。

すなわち、税金を支払っているのに、確認が取れないため車検を受けることができない、なんてことが起こるわけです。

自動車税を納めてすぐに車検を受ける場合は、コンビニや銀行の窓口などで支払う必要があります。

3.支払える税金がまだ少ない

以前に比べ、最近では「Yahoo!公金支払い」に対応している税金も増えては来ましたが、それでもまだまだ少ないです。

すべての税金が「Yahoo!公金支払い」でできるわけではありませんので、ご注意下さい。

以上のようなデメリットを考えると、「Yahoo!公金支払い」はネットから税金を納めることができるので、便利ではありますが、あまり得だとは言えません。

もしお得に税金を納めたいのであれば、実は他の裏ワザがあります。
こちらのページで解説していますので、ご覧下さい。

税金の支払いでクレジットカードのポイントをゲットする裏ワザ

Yahoo公金払いはふるさと納税では使える!

また「Yahoo!公金支払い」は「ふるさと納税」に関してはメリットの方が大きいです。

ふるさと納税とは

納税と名前が付いていますが、その意味は自治体への寄付金です。
寄付金のため、全国どこの自治体でもOKです。

寄付をした分、その自治体の特産品をもらうことができます。
その特産品は、通常寄付した額以上の価値があります。

また、寄付した金額は、住民税から控除されます。

ざっくりとした流れは、
1)1万円をふるさと納税
2)1万円分の特産品が届く
3)住民税が8,000円安くなる(2,000円は自己負担。一定額を超えると自己負担は増える。)
という流れです。

ふるさと納税の特産品情報サイト
さとふる

「Yahoo公金払い」でふるさと納税を払う場合、Tポイントで払うことができ、また手数料もかかりません。

もちろん、クレジットカードのポイントも貯まりますので、かなりお得になりますよね!

ふるさと納税をお考えの方は、「Yahoo公金払い」を検討してみてください。

Tポイントを貯めるならおすすめのカード

今回の説明でよく出てきた「Tポイント」。
ここ最近Tポイントが使えるお店も増えてきて、かなり人気があります。

あなたがお持ちのクレジットカードがTポイントをサポートしていないのであれば、ぜひそれ用のカードを一枚持つことをおすすめします。

ほぼ現金と同じ使い方ができ、ネットでもリアルの店舗でも利用できるので、知らない間にポイントが溜まっていきますよ。

Tポイントを貯めるなら、以下の2枚のカードがおすすめです。

ポイント還元率はどちらも1%以上。
一度検討してみてはいかがでしょうか?

Yahoo!JAPANカード
Tポイントカード
年会費
永年無料
ポイント還元率:1%以上

特徴
【ポイント】どこでも100円で1ポイント
ポイント還元率の高いクレジットカード!
YahooのIDにこのカードのTカード番号を登録することでTポイントの管理が簡単・便利に使えます!
Tポイントを貯めるだけでなく、管理するのにも適した一枚です!
特にヤフーユーザーは必携です。
エクストリームカード
Extremeカード
年会費
初年度無料
ポイント還元率:1.5%

特徴
ポイント還元率1.5%という優れたカード
また付帯サービスとして海外旅行保険が自動付帯で付いてきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
上へ戻る